2ちゃんねるニュー速VIPから誕生した眼鏡うpスレ
無類の眼鏡好きが集まるこのスレは
変態・鬼才・画伯の倉庫

ここは、そんな変態たちの生態が分かるブログかもしれない・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
横浜オフ〜酢豚にパイナップル〜
DSCN03651.jpg
添付した写真は中華街で撮りました。
真ん中のおじさんは知らない人。



17日に横浜deオフしました。
誰が来るだかよく知らんかったけど、ダルシムさんとmtoくんと木暮くんがいてビックリ。私キョドる。
ダルシムさん懐かしいすぎて、思わずどちら様ですかって聞いちゃった。大変失礼いたしました。

中華街で買った可愛い袋を見せびらかしてみたけど、みんなリアクションが薄かった。
きっと内心「うわこいつシュミわりー…」って思っていたんだろな…o(^-^)o



ゆきちゃん来るまで、ゲームセンターというところでメダルゲームをやりました。

競馬のゲームのルールがよくわからなくて、木暮くんと中二に教えてもらいましたが、よくわかりませんでした。すぐ飽きました。

木暮くんとメダル落としみたいなゲームをやりました。夢中でした。
このとき、木暮くんとは波長が合いそうだなと勝手に思いました。★

中二は途中でゆきちゃんを迎えに行きました。

ダルシムさんとmtoくんはずっと二人で挿し合っていました。

マザーのうふぉキャッチャーで、木暮くんが頑張ってくれました。

そして、すごい可愛いゆきちゃんを連れて、ガンジス川からようやく中二が帰還。
ゆきちゃんが可愛いすぎて、一瞬ここは日本なのかインドなのかどこなのか、わからなくなった。
すごい可愛いゆきちゃんが、私のためにお土産を買って来てくださった…(;_;)ゆきちゃんどうもありがとう。



そのあと居酒屋行ってリアル充血片目くんも合流してお酒をたくさん飲みました。

ゆきちゃんがプリクラを魅してくれたり、ダルシムさんと私の喋り方が似ていたり、芋焼酎を飲む中二の顎髭が里芋だったりしました。

ゆきちゃんとmtoくんにいろいろアレコレ聞かれて怖かったです(∋_∈)
もう私のことはどうでもいいじゃない、と思いました。

ゆきちゃんに、トイレ流してなかったよーみたいなこと言われて、恥ずかしかったけどなんかちょっと笑えた。お酒のせい。
あと何故か男子トイレ入った記憶があるんだけど、夢?



その後 記憶喪失。



気づいたらカラオケにいました。

気づいたらダルシムさんがいませんでした。

ゆきちゃん片目くんmtoくんのテンションが高すぎてちょっと驚きました。
あの3人は常にラブラブしまくっていました。
ガバガバ抱き合ったりしていたので、一瞬ここは日本なのかアメリカなのかどこなのか、わからなくなった(☆o☆)
私が寝てる間にボッキーゲームやってたらしい。リア充の遊びってすごい。
色々と勉強になりました。でも私には遠い世界です…。

ハナレグミ歌ったら中二以外みんな寝てて悲しかったです。明日〜天気になれ〜…♪
隅が好きなので、部屋の隅の床に座って歌ってました。まるで座敷わらし。

なんだかんだでカラオケずっと寝ててあんまり記憶ないー。
誰か覚えてる人くわしく書いてください。

あ、
何故か私のデジキャメにカラオケ部屋のドアの写真が残ってるんだけど、一体誰が何のために撮ったの…?(^o^)



カラオケ終わって、木暮くんとお別れ。
寂しいすぎて鼻水垂らして泣きながらバイバイした(;_;)

そんで私と顎髭里芋さんはマクドナルドへ。
リア充チームは朝からラーメン。胃袋までリア充だなぁ。

マクドナルドで寝て起きて片目くんの服を枕にして寝て起きた。

皆さんとお別れして一人で新横浜まで。
電車に揺られて気持ち悪すぎてゲボ吐きそうだった(∋_∈)
でもちゃんと一人で新幹線乗り場まで行けたよ。私えらいし天才o(^-^)o



皆さん、どうもありがとうございました。
迷惑かけまくって本当にごめんなさい。
次は悪酔いしません。



私もリア充になりたい。
21:01 ヒガシナ comments(2) trackbacks(0)
ヒガシナの“あいうえお作文”
あ…あのね、
い…いつもありがとう。
う…嘘ばかりついてごめんね。

え…エメラルドグリーンの
お…おおきな海に
か…カマキリの涙を流し入れたよ。

き…君は覚えているかな?
く…クリスマスの日
け…けもの道を二人で走ったとき
こ…故郷のにおいがしたことを。

さ…さみしいの。
し…シベリアへはいけないから。
す…素直になれなかったのは
せ…積乱雲のせいだったのかもしれない。

そ…染まってしまった
た…タラバガニは
ち…地球が嫌になったって大泣きしてた。

つ…伝えたかったのは
て…テロリストは
と…とにかく寂しがり屋で
な…泣き虫だったということ。

に…人間だけどさ、
ぬ…盗んだバイクでは
ね…寝床も探せなかったんだ。
の…信夫は俺を裏切ったんだ。

は…初めて君と喋ったとき
ひ…ひたすら君はこう言った。
ふ…深い海の底には
へ…平凡な毎日が沈んでいる、と。

ほ…ほら、もうすぐ夏がくる。

ま…真面目に考えてみたんだけど
み…見栄をはるのはもうやめようと思う。

む…無関心なわけではない。
め…目線が少し合わなかっただけで
も…もう君しか見えてないんだ。

や…やっぱりダメかな。
ゆ…ゆらゆら揺れる
よ…夜の街のネオンが
わ…わたしの心を揺さぶるの。

を…?




ん…ん、好きかも。
10:34 ヒガシナ comments(3) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
SPONSORED LINK